15.jpg

10.jpg

 

堺雅人“本物のニセ医者”初映像化!沖縄支えた「医介輔」

 俳優の堺雅人(36)が戦後の沖縄で実在した“本物のニセ医者”を演じることになった。日テレ系ドラマ「ニセ医者と呼ばれて 最後の医介輔(いかいほ)」(今冬放送)に主演するもので、ロケ先の沖縄・今帰仁(なきじん)村で、妻役を演じる寺島しのぶ(37)と取材に応じた。医師不足のため、アメリカ占領下の沖縄で始まった「医介輔」と呼ばれる特殊な代用医師制度を扱った初めてのドラマ化だ。

 沖縄本島の北西部に位置する今帰仁村のロケ現場は、青空と青い海が一面に広がる。この美しい景色の中で、ほとんど知られてこなかった歴史が描かれる。堺ふんする「医介輔」は、米国軍政下の沖縄で特別に認められていた代用医師のこと。2008年まで約60年間、沖縄の地域医療を支えた宮里善昌さん(89)がモデルだ。

 白衣姿もサマになっている堺は「医介輔を知らなかったのでいろいろ勉強したいと思った。初めて紹介される題材ということで責任を感じる」。地元の人に愛され、感謝される、かけがえのない存在だった一方で、ドラマでは医師免許がないために“ニセ医者”呼ばわりされたときの憤りや米兵のレイプで身ごもった日本女性(尾野真千子)の苦悩なども描かれていく。

 家族を心配させまいと悩みを自分の中でしまい込むうち、心に闇を抱えるようになった夫を支える妻役の寺島は「この先生は診察だけでなく患者さんの心を開き、癒やしていた。だんなさんのつらい気持ちを近くで感じ取れたら」と話す。

 演技派の2人はドラマ初共演。堺は「初めてと思えないほど違和感なく受け止めてくれた」と信頼を寄せ、「(ロケ現場で)ニワトリを追いかける姿がこれほどチャーミングな女性を見たことがない」と変わった一面を褒めて笑わせた。寺島も「堺さんのにこっと笑った顔が間近で見られて幸せ」とうれしそう。

 劇中で2人は30代から80代まで演じるため老け役のメークも準備中。寺島が「オーバーエイティーは初めて!」といえば、堺は「若づくり同様、老け役も照れくささがある。でも見てのお楽しみ」と何やら秘策を練っている様子。撮影に入って間もないが呼吸はピッタリで“夫婦円満”ぶりをうかがわせた。

 ◆最後の医介輔・宮里さん「ニセ医者よばわりが苦しかった」 最後の医介輔、宮里さんは耳が遠くなったため、2年前に引退。地元ではヒーロー的存在だが初映像化に「私は特別なことをしてきたわけじゃないよ」と淡々とした受け答え。ただ、「ニセモノ呼ばわりされたのは1回だったが、それが一番苦しかった」。脚本はドラマ「女王の教室」(日テレ系)などで知られる遊川和彦氏、演出を映画「おにいちゃんのハナビ」(公開中)でメガホンを執った国本雅広氏が担当する。

 ◆医介輔 1951年琉球列島・米国民政府が公布した制度。戦後の沖縄は医師不足が深刻化。正式な医師免許はないが、元衛生兵など医学の知識や技術が豊富な者が患者を診察し、個人開業も許可された。ただ大きな手術は禁止などの制約があった。72年、本土復帰後も医師不足は解消されず。特別措置として従来通り治療を続けられることが法律でも定められ、医師免許がなくても違法ではなかった。

 DOC2.bmp

JOKER後終於有新工作的消息

堺桑要主演日本電視台特別劇「ニセ医者と呼ばれて 最後の医介輔」

這是第幾次演醫生了   科科~

這次合作對象是柏林影后寺島忍

上次LUSH LIFE沒有對到戲

這次終於有機會了

雖然暫時沒有多拉瑪

但有特別劇解解讒也不錯滴~

dot.gif  

02.jpg03.jpg04.jpg05.jpg08.jpg11.jpg12.jpg13.jpg

01.jpg14.jpg

walras 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()