宅配男要在柏林影展放映耶  入選了柏林影展電影大觀(Panorama)單元

堺桑機會難得  要趕快排出時間喔~ (還真忙 =.=")

是說歐洲飛機要坐蠻久的  有快速移動交通工具恐懼症的堺桑

要準備暈機了嗎

義大利遠東電影節和香港國際電影節也放映決定

堺桑要出席繼續暈嗎

 

堺雅人海外初進出、ベルリン映画祭で上映

俳優堺雅人(36)主演の新作映画「ゴールデンスランバー」(中村義洋監督、1月30日公開)が、来年2月11日に開幕するベルリン映画祭で上映されることが27日、分かった。堺は現地入りできるよう調整中で、参加できれば堺にとって初の海外映画祭出席だ。

同映画祭はカンヌ、ベネチアと並ぶ世界3大映画祭で、40万人以上という世界一の来場者数を誇っている。「ゴールデン-」は、公式部門の1つで、観客賞の対象となるパノラマ部門で上映される。これまで日本作品は「GO」「武士の一分」「ぐるりのこと」などが上映されている。

仙台を舞台にした同作で、首相暗殺犯に仕立てられた男を演じた堺は「日本のローカルを舞台にした物語が、世界に開かれた映画祭に選ばれたと聞き、初めはギャップが面白いと思いましたが、俳優とは自分がいる『ひと1人分のスペース』にしがみつく職業ともいえます。映画とは、個人的でささやかなスペースが、広くて華やかな場所につながる面白さをもっているものかもしれません。これからも自分が立っている場所をおろそかにせず大切に演じたい」とコメントした。

 元恋人役の竹内結子は「とても喜ばしいこと。ベルリン映画祭は、ものづくりに携わる者にとってはあこがれの地。いつか訪れてみたい」。中村監督は「とにかくうれしいです。ドイツの皆さまにどのように感じていただけるのか、楽しみ」と話している。また、香港国際映画祭、イタリアのウディネ・ファー・イースト映画祭でも上映が決まった。

 [2009年12月28日7時48分 紙面から]  日刊スポーツ 

 

堺雅人主演作、ベルリンに招待「大変うれしいこと」

 

俳優の堺雅人(36)主演の映画「ゴールデンスランバー」(来年1月30日公開)が、「第60回ベルリン国際映画祭」(来年2月11日~21日)の「パノラマ部門」に招待されることが決定した。作家・伊坂幸太郎氏の同名小説が原作で、首相暗殺犯に仕立て上げられた無実の男が宮城県仙台市内を逃げ続ける大逃亡劇。5本目の主演映画で初の世界3大映画祭への進出を決めた堺は、映画祭に訪れる方向で日程を調整中。「仙台という『日本のローカル』を舞台にしたこの物語が、世界にひらかれた映画祭に選ばれたと聞き、はじめはそのギャップがおもしろいと思いました。できあがった作品が華やかな場所に行くのは大変うれしいことです」とコメントを寄せた。

日テレNEWS24

walras 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()