堺雅人主演最新作『ゴールデンスランバー』が、仙台で順調に撮影中!

1.jpg

昨年、本屋大赏と山本周五郎赏をW受赏した作家・伊坂幸太郎の人気作『ゴールデンスランバー』の映画が、来年公开される。监督は、これまで『アヒルと鸭のコインロッカー』『フィッシュストーリー』と伊坂作品を映像化してきた中村义洋。『ジャージの二人』『ジェネラル・ルージュの凯旋』で最近、中村监督とのコンビが続く堺雅人が主役を务める。

物语は、堺扮する青柳が、大学时代の亲友・森田に呼び出され、いきなり眠り薬を饮まされるところから始まる。ちょうどこのとき、総理大臣の凯旋パレードが行われており、パレード中に総理が暗杀されて、青柳は理由もわからずに犯人に仕立てられてしまう…。仕组まれた阴谋の网をかいくぐって逃げ続ける、巻き込まれ型のサスペンスだ。

本作は、オール仙台ロケで5月11日にクランクインしており、キーポイントとなる撮影が6月7日、8日に行われるとあって撮影现场を访れた。この日は、青柳の元恋人・樋口晴子役の竹内结子、吉冈秀隆演じる森田、剧団ひとり扮するカズと、大学时代の亲友たちが揃う10年前の回想シーンを撮影。现代のパートで青柳の运命を左右する主要キャストの4人が初めて集まる日となった。取材で现场を访れた7日は、4人が花火大会の花火设営のアルバイトをしている设定で、日中は花火の点火小屋を4人で作るシーンを撮影。

竹内结子は「打合せをしていないのに、それぞれが小屋を作るために何をするのか自然に决まっていて、これがチームワークなんだと思いました」とコメント。中村监督も「别に计算していないのに、4人が醸し出すものが完全に出来上がっていましたね」と语った。これが撮影初日の吉冈秀隆を含めて、初颜合わせとは思えない4人の息が合った感じが、现场に漂っていた。

「これまでは、香川照之さんや柄本明さんなど、先辈方と络むシーンで刺激を受ける撮影でしたが、今日は同世代の4人で一つの雰囲気を作っていくシーンなので、とても楽しいです」と话す堺雅人も、いい意味でリラックスしていた様子。この青春の1ページが、现代のシーンでどう络んでくるのかはお楽しみに。7月上旬まで続く撮影でも、彼らのチームワークは、作品に好影响を与えるだろう。

『ゴールデンスランバー』
2010年公开

取材:金澤誠

2.jpg 

3.jpg 

4.jpg 

5.jpg 

6.jpg 

這個

宅配男和官僚的夏天是同時間攝影的

堺雅人先生一下直髮一下鳥窩捲髮

真是辛苦了

庭野.bmp 

walras 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()